忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


無題
最近、「Danielってできるよね!」って言われる。

すると俺は、「できないよ」と否定する。

そしたら相手は苛立つのだ。

つまり、「自分よりできる、あなたができないならば、私はもっとできないじゃん」と思ってしまうのだろう。



この場が自由に発言できる場だと思いこんで、正直な意見を言おう。


もちろん僕は今回の期末では、クラスで1番をとったし、物理でも全体で一番をとった。
でも、僕はまだ満足していない。

僕の中で、「できる」とは、単純にいうと、満点。
しかも、完全な満点。ダントツの満点。常に満点。  である。
(満点を一番に変えてもよい。)

ほかに例を挙げると、模試で成績優秀者にのる。模試で一番をとる。志望校受験者の中で一番になる。
など。

つまり、僕らはまだ簡単な問題しかやっていない。全国の優秀な人たちに比べればまだまだだし、僕はそのレベルまでいかなければいけないし、いくつもりである。


僕はもっと高みを目指している。だから言われた質問に比較の意味があるとするならば、それぞれ比較の対象が違ってしまったのである。
相手は、自分と二人を比べているが、僕は、全国レベルで比べてしまった。


一部の生徒を除いて、(俺の勘違いだったらすまないが)
まだ、学校内、理系内、クラス内で学力を比べている生徒が多いと思う。

何万人と受ける受験の中で、学校の数百人なんてたいしたものじゃない。
そんなの比べたって仕方ないじゃないか!
僕らは基本的に仲間である。

でもライバルにするのが悪いとはいわない。しかし、最も避けなければならないのは、「自分を見失うこと」である。

少ない人数の中で比べるほど、自分との差が大きくなるし、比べる度に、浮き沈みが相対的に現れてしまう。

だからなるべく大きな母集団で比べなければならない。
だから模試は三大予備校といわれるものを受けるのである。



まあこんなもんです。
簡潔にまとめると、
①僕はもっと高みを目指している。
②自分のやるべきことをやれ。人は関係ない。



今回、「できない」というと相手をいらだたせるので、「できる」と言いますね

「でも、俺はまだもっとできる。まだまだ未熟です。」


では、また

拍手

PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


お天気情報
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Daniel
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/22
職業:
大学一年生
自己紹介:
なんとか第一志望校を合格した、ほかほかの大学一年生です。いろんなことに興味を持ちながら、楽しく、まじめに? 活発に? テキトーに生きています。
その生き様はブログを通して理解していただけたら幸いです。でも内心は、別に理解してもしなくでもどーでもいいと思っています。
でも、勝手にブログがんばって続けていきますので、よろしくお願いします。
最新CM
[05/26 ハル]
[04/24 とりび~]
[04/05 ハル]
[03/23 Daniel]
[03/21 とりび~]
最新TB
カウンター
フリーエリア
バーコード
アクセス解析