忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


9条世界会議

5月4日、5日と幕張メッセで開かれている『9条世界会議』に昨日行ってきました。

『9条世界会議』-世界は9条を選び始めた

英タイトルは、Global  Article Nine Conference To Abolish War です。

講演で言っていたこと、思ったことをとりとめもなく、だらだらと書いていきます。


まず新聞記事にもあるように、収納能力の高い国際会議場に収まりきらず、多くの人がこの世界会議に参加したことをうれしく思います。

外で待っていた人は、なんと3千人以上にもなるそうです。

今求められている力というのは市民の力であって、この会議が平和へのスタート地点となることを願うとともに、
その歴史的瞬間に立ち会えたことを非常にうれしく思っています。


講演で印象に残った言葉。

インターネットでWWWというのがあるが、まあこれはご存じ「World Wide Web」である。
だけどこれからは、「World Without War」にしようじゃありませんか!

It is time to abolish war!!

戦前7ヶ国だった常備軍を持たない国が、21世紀になって30ヶ国となっている。その勢いは急なものである。21世紀は平和にしようじゃないか。

いつかこんな風になればいいね。「ねえ、お母さん、戦争って何?」

憲法作成に関わった女性もきていました。
憲法作成時、彼女らは他のいろいろな国の憲法を参考にして作りました。

今の憲法は押しつけだから変えなくてはいけないなどという意見があるが、自分よりいいものを相手に押しつけるでしょうか?日本の憲法はアメリカのよりいい。

日本は昔から外国からいいものを取り入れてきました。漢字とかたくさん取り入れ、そして自分のものとしてきた。いいものをもらうのは押しつけではない。憲法も押しつけではないのです。

人種差別、環境問題などなど、人類が取り扱うべき問題は戦争以外にたくさんある。
国際問題を解決する手段は2つしかない。武力によるものと、話し合いによるものである。

戦争は、武力は、こういった環境問題等を解決するのではなく、むしろ後押ししているように思われる。

世界最大にして最強の軍隊でさえも、イラクの1つの都市をも平和にできない。
これはつまり、武力で平和は作れないということの証明ではないだろうか。

加藤登喜子さんのメッセージでは、

北朝鮮に攻められたらどうするとか難しく考えすぎている。
国があってその中に市民、国民がいるのではない。
我々がいて、その周りに家族がいて、都市ができて、社会ができる。そうして国ができるんだ。

さきに我々がいる。だから国がある。国のためにわれわれの生活まで捨てるのおかしい。
だから軍備を整えるより、我々の生活を考えるべきである。

また、「僕個人がなんかしたって何も変わらないじゃないか」と言う人がいるけど、そんなことない。

一人が小さなことでいいから変われば、周りが変わる。家族だったり、友人だったり、そして波紋を社会へと広げることができるのだ。

コスタリカの件も、市民の力が起こした一つの例であると言える。

最初に戻るが、今求められているのは、我々個人、一人一人の力である。

一人一人が他人を思いやり、9条を日本のみならず、世界の財産とする努力をすべきである。




でも、なかなか行動って起こせないものです。

では、また^^

拍手

PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


お天気情報
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Daniel
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/22
職業:
大学一年生
自己紹介:
なんとか第一志望校を合格した、ほかほかの大学一年生です。いろんなことに興味を持ちながら、楽しく、まじめに? 活発に? テキトーに生きています。
その生き様はブログを通して理解していただけたら幸いです。でも内心は、別に理解してもしなくでもどーでもいいと思っています。
でも、勝手にブログがんばって続けていきますので、よろしくお願いします。
最新CM
[05/26 ハル]
[04/24 とりび~]
[04/05 ハル]
[03/23 Daniel]
[03/21 とりび~]
最新TB
カウンター
フリーエリア
バーコード
アクセス解析